海外支援従事者のひとり言

アジア、アフリカ、中東と緊急人道支援で渡り歩き、合間合間で旅に出る、半ノマド生活を送るパルワナが、海外支援で思うこと、旅の話、世界のこと、日本のことについて独り言ちます。

日本の中秋の名月と中国の中秋節

昨夜友人とお出かけした。

帰り道、目についたビルの合間の大きな丸い黄色い光。

え、月?!

 

あ、そうだった。

満月カレンダーによると今日は満月だった気がする。

 

それにしても、綺麗な真ん丸の卵の黄身のような満月だ。

すごい存在感。

思いがけずそんな満月が見れてラッキーだ。

 

あれ、もしかしてこの満月って

中秋の名月?!

 

日本の伝統には心もとない。。。

ググってみた。

 

中秋の名月とは、旧暦の8月15日の夜に見える月のことです。月見をするのは中秋の名月となる8月の十五夜のことが多いため、「十五夜の月」と「中秋の名月」はほぼ同義で使われます。』

 

おお、十五夜お月さんか。

じゃあ、月見団子食べる日か!

 

それで、なぜか月餅が頭に浮かんでしまった私は

外国かぶれです(懺悔!)

 

中国でも旧暦の8月15日は中秋節という国民の祝日

春の春節の次に大きな連休となる。

3000年の歴史があるらしい!

 

そして、月餅は中国の中秋節で食べる伝統的スイーツだ。

上から見て満月のようなまん丸の形が、

家族の輪や団欒を象徴しているのだそうだ。

 

地域によっていろんな種類の月餅がある。

 

日本在住の中国人の友人に

おススメ月餅を買えるお店を聞いたところ、

種類がたくさんありますよー、と。

 

ちなみに彼は毎年、

本場中国から

中秋節のための月餅を送ってもらっているそうだ。

さすが!

 

そして、愛すべき故郷の月餅をお裾分けしてくれた♪

やったー!

 

中身は、なんとカラフル。

ゴマやヒマワリの種(多分)や、あれやこれやで、

赤、緑、黒、茶、オフホワイト、

様々な彩の具の月餅なんて初めて!

そして、おいしゅうございました♪

 

ちなみに、日本のお月見の風習は

平安時代に中国から伝わったらしい。

 

江戸時代には秋の農作物の収穫祭と結びつき

豊作の象徴として満月にお供え物をして

収穫の感謝と祈りをささげるようになったのだそうだ。

 

そして、日本と中国だけでなく、

シンガポール、マレーシア、韓国、ベトナムなどでも

中秋の名月を祝うらしい。

 

国は違えど愛でる月は同じ。

十五夜お月様を通じ、世界の繋がりを感じた。

昨夜友人とお出かけした。

帰り道、目についたビルの合間の大きな丸い黄色い光。

え、月?!

 

あ、そうだった。

満月カレンダーによると今日は満月だった気がする。

 

それにしても、綺麗な真ん丸の卵の黄身のような満月だ。

すごい存在感。

思いがけずそんな満月が見れてラッキーだ。

 

あれ、もしかしてこの満月って

中秋の名月?!

 

日本の伝統には心もとない。。。

ググってみた。

 

中秋の名月とは、旧暦の8月15日の夜に見える月のことです。月見をするのは中秋の名月となる8月の十五夜のことが多いため、「十五夜の月」と「中秋の名月」はほぼ同義で使われます。』

 

おお、十五夜お月さんか。

じゃあ、月見団子食べる日か!

 

それで、なぜか月餅が頭に浮かんでしまった私は

外国かぶれです(懺悔!)

 

中国でも旧暦の8月15日は中秋節という国民の祝日

春の春節の次に大きな連休となる。

3000年の歴史があるらしい!

 

そして、月餅は中国の中秋節で食べる伝統的スイーツだ。

上から見て満月のようなまん丸の形が、

家族の輪や団欒を象徴しているのだそうだ。

 

地域によっていろんな種類の月餅がある。

 

日本在住の中国人の友人に

おススメ月餅を買えるお店を聞いたところ、

種類がたくさんありますよー、と。

 

ちなみに彼は毎年、

本場中国から

中秋節のための月餅を送ってもらっているそうだ。

さすが!

 

そして、愛すべき故郷の月餅をお裾分けしてくれた♪

やったー!

 

中身は、なんとカラフル。

ゴマやヒマワリの種(多分)や、あれやこれやで、

赤、緑、黒、茶、オフホワイト、

様々な彩の具の月餅なんて初めて!

そして、おいしゅうございました♪

 

ちなみに、日本のお月見の風習は

平安時代に中国から伝わったらしい。

 

江戸時代には秋の農作物の収穫祭と結びつき

豊作の象徴として満月にお供え物をして

収穫の感謝と祈りをささげるようになったのだそうだ。

 

そして、日本と中国だけでなく、

シンガポール、マレーシア、韓国、ベトナムなどでも

中秋の名月を祝うらしい。

 

国は違えど愛でる月は同じ。

十五夜お月様を通じ、世界の繋がりを感じた。

日本の中秋の名月と中国の中秋節

昨夜友人とお出かけした。

帰り道、目についたビルの合間の大きな丸い黄色い光。

え、月?!

 

あ、そうだった。

満月カレンダーによると今日は満月だった気がする。

 

それにしても、綺麗な真ん丸の卵の黄身のような満月だ。

すごい存在感。

思いがけずそんな満月が見れてラッキーだ。

 

あれ、もしかしてこの満月って

中秋の名月?!

 

日本の伝統には心もとない。。。

ググってみた。

 

中秋の名月とは、旧暦の8月15日の夜に見える月のことです。月見をするのは中秋の名月となる8月の十五夜のことが多いため、「十五夜の月」と「中秋の名月」はほぼ同義で使われます。』

 

おお、十五夜お月さんか。

じゃあ、月見団子食べる日か!

 

それで、なぜか月餅が頭に浮かんでしまった私は

外国かぶれです(懺悔!)

 

中国でも旧暦の8月15日は中秋節という国民の祝日

春の春節の次に大きな連休となる。

3000年の歴史があるらしい!

 

そして、月餅は中国の中秋節で食べる伝統的スイーツだ。

上から見て満月のようなまん丸の形が、

家族の輪や団欒を象徴しているのだそうだ。

 

地域によっていろんな種類の月餅がある。

 

日本在住の中国人の友人に

おススメ月餅を買えるお店を聞いたところ、

種類がたくさんありますよー、と。

 

ちなみに彼は毎年、

本場中国から

中秋節のための月餅を送ってもらっているそうだ。

さすが!

 

そして、愛すべき故郷の月餅をお裾分けしてくれた♪

やったー!

 

中身は、なんとカラフル。

ゴマやヒマワリの種(多分)や、あれやこれやで、

赤、緑、黒、茶、オフホワイト、

様々な彩の具の月餅なんて初めて!

そして、おいしゅうございました♪

 

ちなみに、日本のお月見の風習は

平安時代に中国から伝わったらしい。

 

江戸時代には秋の農作物の収穫祭と結びつき

豊作の象徴として満月にお供え物をして

収穫の感謝と祈りをささげるようになったのだそうだ。

 

そして、日本と中国だけでなく、

シンガポール、マレーシア、韓国、ベトナムなどでも

中秋の名月を祝うらしい。

 

国は違えど愛でる月は同じ。

十五夜お月様を通じ、世界の繋がりを感じた。

ミャンマーの誕生日の慣わし

我がシェアハウスの仲良しミャンマーちゃん

先日お誕生日だった。

 

はにかみながら

「明日、誕生日です。」というミャンマーちゃん。

かわいいなぁ。

 

「おめでとうございます!

じゃあ、何かプレゼントしなきゃ!」

というと、

 

ミャンマーでは誕生日の人がご馳走します。」と。

ミャンマーではお誕生日の人が

周りにお祝いをふるまうのだそうだ。

 

前の晩から準備をして、

今日はお誕生日用に特別なお菓子を作るのだそう。

お菓子を作って仏様にお供えするんだって。

 

ミャンマーちゃんのお部屋には

ちゃんと仏像もあるらしい。

 

首都ヤンゴン出身で

都会の今どきの若者って感じのミャンマーちゃんだけど

毎朝仏様にお祈りしている。

さすが敬虔な仏教国の風習。

 

さて、

キッチンで見ていると、

ビニールのパックに入ったバナナの葉っぱを

一枚一枚丁寧に洗っている。

 

ミャンマーではこれはタダなのに、日本では高いです!」

と言って、700円の値札のついた袋を見せてくれた。

ミャンマースイーツの材料 タピオカ、ココナッツミルク、
黒砂糖、。。。 白玉粉もありました! バナナの葉っぱも、ね。

 

そうだよね、ミャンマーではバナナはいたる所に

生えているもんね、笑。

 

バナナの葉っぱも日本でちゃんと売っている。

ミャンマー産。

仕入れ先は、もちろんリトル・ヤンゴン高田馬場

 

タピオカやココナッツミルクも

全部リトルヤンゴンで調達している。

 

そしてお菓子の調理が始まった。

 

だんだんキッチンが

あまーいココナッツのにおいで充満していく。

美味しそう~。

 

ココナッツがいい具合に色づくまで根気よく混ぜる。

ちょっと油断するとすぐこげちゃう。

 

ミャンマーちゃんも

ちょっとスマホに気を取られた隙に

ちょっと焦がしてた、笑。

 

そして、ちまきのように

ココナッツとタピオカをバナナの葉で三角に包み、

爪楊枝で止めて、蒸す。

 


蒸し器はないけれど、

寸胴鍋とざる、タオルを使い上手に蒸している。

 

料理は下手です、というミャンマーちゃんだけど、

いやいや、あるものを上手に工夫して

私より数段上ですよ!

 

しばらくして、

蒸しあがったばかりのスイーツを

わざわざ私のお部屋まで持ってきてくれた。

是非食べてください~、って。

 

 

なんと、話したこともない人も含め

シェアハウスの人皆のお部屋のドアをたたいて

配って回ったんだって。

何だかほっこり。

何だか昭和なイメージ。

 

後日、遅れて手渡した誕生日プレゼントの固形石鹸に、

「これは顔用ですか?」

とすかさず聞いたミャンマーちゃんに、

やっぱり美への関心は万国共通なのねと微笑みつつ、

「そうよー、ますます綺麗になってね♪」

 

ミャンマーちゃん、お誕生日おめでとう!

感染症も怖いけど寄生虫も怖い

世のコロナ禍、なかなか治まらないどころか

過去最高の感染者数を記録している。。。

 

加えて猿痘やら、

先日は職場で

マールブルク病なる感染症への注意喚起メールが回ってきた。

(こんな日本とはかけ離れた国の感染症への

注意喚起が回ってくるなんて、さすが海外支援団体!)

 

初めて聞いた感染症だけれど、

アフリカのガーナで死亡者が発生して

WHO(国連世界保健機構) も注意喚起している。

エボラウイルス病と同類のウイルスにより

引き起こされるらしい。

致死率は最大88%!

恐ろしや!

 

 感染症で思い出した。

そういえば子供の頃、小学校でぎょう虫検査があったなあ。

キューピーちゃんと

何重丸の的が描かれた粘着性の透明シートを思い出した。

出典: Don't think! Feel it!
http://blog.livedoor.jp/spidermania/archives/50990518.html

.

お尻の穴が的から外れたらちゃんと検査できないから

しっかり的を狙わないと!と

ドキドキしたことを思い出した。

純粋で可愛かったなー。

 

今も検査やってるのかな?

 

ググってみたら

2015年で学校でのぎょう虫検査は廃止されたようだ 。

子どもの寄生虫感染が激減し、

検出率が1%以下で推移していたことから

「省略可能」と判断されたためだ。

 

確かにね。

 

世界有数の豊かで衛生的で、

農業でも有機肥料でなく化学肥料が使われる日本で

もはやミミズのような寄生虫をお腹に飼う機会は

ほとんど皆無であることはうなずける。

 

そんな豊かで衛生的な国の国民も、

他国の不衛生な環境に身を置くと、

その国の国民と同様に寄生虫をもらってしまうこともある。

私もケニヤで寄生虫に痛い思いをさせられた。

(この記事読んでみてね)

parwana.hatenablog.com

 

日本人の元同僚も

日本に帰ってきてから長いミミズのような寄生虫が見つかり、

その大きさに病院側が寄付を依頼し、

その寄生虫を標本にしたとかしないとか !

 

シエラレオネ人の元同僚は、

奨学金をもらってヨーロッパで高等教育を受けたため、

心はシエラレオネ人、でも体はヨーロッパ人化してしまい、

たまにシエラレオネに帰ると

既に水や食べ物が体に合わず、

すぐお腹を壊すと言っていて、笑った。

 

ちなみに彼とはアフガニスタンで一緒だったのだけれど、

アフガニスタンでもよくお腹を壊してたなぁ。

 

そんなアフガニスタンでは

仕事で全国寄生虫駆除キャンペーンを実施した。

全国の学校に寄生虫駆除タブレットを配ったり、

手洗い慣行パンフレットを配ったり。

news.un.org

 

お腹に虫を飼っちゃうと

ほんとエネルギーを吸い取られる。。。

寝込むほどではないのだけれど、

ぐったり倦怠感を感じ、お腹の調子もすっきりしない。

ケニヤでそんな状態に陥ってしまった。

 

そんな状態が数週間続き、

幸か不幸かそれが普通の状態と化した頃、

同僚に無理やりクリニックに行かされた。

 

そして判明した不調の原因。寄生虫

 

ケニヤでお世話になったお医者さんの寄生虫駆除薬は

効果てきめんだった。

 

普段は西洋医学から距離を置く私だけれど、

東洋医学ではさすがに寄生虫は駆除できない。

この時ほど西洋医学万歳!と思ったことはなかった。

 

やっぱり、何事もバランスです!

そして、もはや寄生虫の心配のない日本、

素晴らしい国です!

ひよこ豆のチップスがあるなんて知らなかった!

健康オタクでかなり食べ物には気を使っているのに

お菓子だけはやめられないとまらない、汗。

 

そんな中、幸か不幸か

また素敵なお菓子を見つけてしまった。

ひよこ豆のスナック、その名も ピースピー。

 

ポテトチップスならぬチックピー・チップス。

そんなものがあるなんて!

 

教えてくれたのは我が城のハウスメイト

ミャンマーちゃん。

 

ミャンマーちゃんとはほんの最近まで挨拶程度しかしなかった。

それがある日ひょんなことからおしゃべりを始め、

彼女の風貌から、ミャンマー人っぽいなと思っていたものの、

その時初めて、彼女がミャンマー出身だと正式に判明した。

 

日本でもミャンマーの民族衣装ロンジーミャンマーサンダル、

ミャンマーバッグなどなど愛用している私、

ロンジーミャンマーサンダル、こんな感じです

我がミャンマー・コレクションを見せたら、

ミャンマーちゃん、とっても喜んでくれて、

ミャンマーの食べ物は好きですか?

今度作ります♪ と言ってくれた。

 

うれし~♡

 

有言実行のミャンマーちゃん、

数日後にオンノ・カウスエを作ってくれた。

オンノ・カウスエは

ミャンマー人のソウルフード、モヒンガーと並び

大人気のココナッツミルク風味の麺料理。

ミャンマーで食べた、食べた!

 

ミャンマーちゃんがキッチンでコトコト料理している間、

私は彼女の周りをウロウロしながら

彼女の手元や鍋を子供のように覗いてた。

 

「作り方教えて欲しいです!」と言うと、

Youtubeにたくさんあります」と答えるミャンマーちゃん。

えー、そんなつれないこと言わないで教えてよー!

 

ミャンマーちゃん、さすが本場ミャンマー食材がそろってる。

ナンプラー魚醬)やらひよこ豆粉やあれやこれや、

パッケージはミャンマー語だから何だか分からないー、笑。

発音してくれるんだけど、

完璧なミャンマー語だから、

発音が独特で上手く聞き取れないー、苦笑。

 

食材はリトル・ヤンゴン高田馬場などの

アジア物産店で買っているんだって。

さすが。

 

だんだんココナッツミルクの甘ーい匂いがしてくる。

 

そしてついに出来上がったオンノ・カウスエを

盛り付ける段になって、

ミャンマーちゃん、

オレンジジュースと

例のひよこ豆チップスを添えてくれた。

 

遠足のおやつと飲み物付きみたい、笑

って笑ってる場合ではなくて、

ありがたいけれど、そこまでしてくれなくてもいいよ~

と言うと、

 

ミャンマーちゃん、

「オンノ・カウスエ食べて高血圧になったら

ジュースで高血圧を下げてください。」と。

 

???

 

オンノカウスエ食べて高血圧になるの??

オレンジジュースが血圧下げるのに役立つ??

 

また、ひよこ豆チップスは美味しくおやつに頂きました♪

 

。。。って、カウスエと別々に食べちゃったけど、

後からググってみたら、

なんと、ひよこ豆チップスは

オンノ・カウスエのトッピング用だった💦

オンノ・カウスエにはパリッとした歯ごたえの

揚げ物やチップス類をトッピングするのが本場流。

おやつとして別々に食べちゃってスミマセン、汗。

 

そして、ココナッツ・ミルクの高血圧悪化説が本当にあるらしく、

ミャンマーでも、ココナッツ・ミルクの代わりに

無糖練乳で調理するレストランもあるらしい。

 

ミャンマーちゃんが作ってくれたオンノ・カウスエは、

彼女が自信作というだけあって

おいしい~

オンノ・カオスエ 右のスープに左の麺を入れて食べる

 

ピリ辛なアクセントのきく甘いココナッツ・スープに

鶏肉、卵、玉ねぎなどがゴロゴロ入ってる。

麺と一緒にたっぷりのスープを口に入れると

美味しさが口いっぱいに広がる。幸せ~。

 

美味しくいただいたので、

調理器具は私が洗いますよ、と鍋などを手に取ろうとしたら、

ミャンマーちゃん、断固として拒否した。

「それはミャンマーの文化ではありません」と。

 

ご馳走された調理器具をされた側が洗うのは

もうご馳走にはなりませんという意味で、好まれないらしい。

異文化理解また一歩進んだ!

 

ところで、このひよこ豆チップスの入手先は、

ミャンマー食材屋ではなく、

近くのセブンイレブンなんだって。

 

ほとんどコンビニに近寄らないので、

そんなチップスが売ってるなんて全然知らなかった。

これ、メイド・イン・ジャパン!

 

彼女はこれをどこで知ったのだろう??

今度聞いてみよう。

 

そして、ミャンマーちゃん、

オンノ・カウスエ、とっても美味しかったよ~。

どうもありがとう!

自衛隊との甘い思い出

前回防災体験ツアーに参加した話をした。

それで、備えあれば憂いなしだよねと、

改めて防災グッズのサイトをいろいろググってみた。

 

何なに、災害時に重宝する最強の飲み物?!

 

それは。。。

 

水道水!

 

当たった、当たった!

私も水道水だと思った、思った。

 

実は日本の水道水の質、

世界有数の高品質なのだ。

 

水道水を飲める国ってほとんどないのだけれど、

日本はその数限られた国。

ありがたや。

 

実際、私は自宅で水道から

飲み水を入手している。

 

とはいっても、東洋医学を信望する私、

冷水は飲まないので

水道水を温めて白湯にして飲んでいるのだけれど。

 

この記事で水道水が偉大だということが

再確認できた。

president.jp

 

この記事の筆者ぱやぱやくん、

なんと元自衛官だそうだ。

自衛隊ならではの

あれやこれやのサバイバル情報や裏話が面白くて

ブログ記事を読みふけってしまった。

www.paya-paya-kun.jp

 

私の自衛隊感は

東日本大震災

その前年のハイチ大震災での PKO 日本隊の活躍によって

180 度変わった。

 

東日本大震災での活躍は日本でも語られているけれど、

自衛隊、彼の地でも素晴らしい活躍をしている。

 

国連の平和維持活動PKO

日本の自衛隊が派遣されているのだ。

 

2010年に大地震に見舞われたハイチにも

自衛隊が日本隊として派遣されていた。

 

その PKO日本隊と、

まさか地球の裏側ハイチで一緒に働くとは、

夢にも思っていなかった。

 

私の団体は、地震直後に行き場を失った子供たちの

安全な遊び場を確保するために、

 

がれきの集積場と化した元運動場からがれきを排除して、

元の姿以上に安全で整った運動場を再建する事業を計画した。

 

うず高く積み上げられた岩やコンクリート、木材、

更にはごみや家畜(!)など、など

いろんなものが重なり合って山と化している。

がれきとごみの山に家畜が駆け巡る、ビフォアな状態

 

そんながれきの山を取り除くには重機が必要だ。

 

それで国連に重機貸出し依頼に行った。

国連はこのような民間団体との協力も行なっている。

 

自衛隊はたくさん重機を保有しているのを知っていたので、

日本隊とマッチングできるよう調整してもらった。

 

結果、史上初の日本の民間団体と

自衛隊人道支援コラボ事業となった!

自衛隊の中で大きく評価されたらしい。

PKO日本隊が日本製の重機で瓦礫の山を均していく

 

ちなみに自衛隊

国連事業の一環として、

自前の重機で、瓦礫除去や地震で損壊した道路の整備など

人道支援活動を

日本人ならではの質の高さと丁寧さで行なって、

ハイチでもかなりの高評価を得ていた。

 

ただ自衛隊の制約上、武器を携帯できないので、

治安の悪いハイチで活動する際、

他国の PKO 部隊が日本隊の活動の警護をするという

ちょっと滑稽な立てつけになっていたけれど。

 

ぱやぱやくんの記事を見て

そんな自衛隊との甘い(?!)思い出がよみがえった。

 

そして瓦礫の山、

こんな立派な運動場に生まれ変わった。

いい仕事しました、へへへ。